So-net無料ブログ作成

2006年7月9日 イタリア料理 ラ・リリアーナ [グルメ]

2日連続のイタリア料理でした。

八事のイタリア料理「ラ・リリアーナ」さんで友人2人と一緒に3人でのお食事でした。ダンナさんはなんと当直。かわいそうに。リリアーナさんは私とダンナさんが大好きなレストランなんです

季節のおいしそうなメニューがずらり。あれこれ迷って結局食べたいものをチョイスし、コース仕立てにしていただきました。いつもレストランでお食事の時、写真を撮るのをはばかってしまうのですが、NEWデジカメの威力を試すつもりでレストランの方にお断りの上、撮影させていただきました。

【お料理】

  スティッキーノ(口取り)

   …サンダニエーレ産生ハムとメロンのグラニテ

 アンティパスト1

   …飛び魚のカルパッチョ、赤ピーマンのマヨネーズソース

 アンティパスト2

   …アスパラとリコッタを詰めた花ズッキーニ、穴子のソテー添え

 プリモピアット1

   …帆立貝とツブ貝、新キャベツのタリアテッレ

 プリモピアット2

   …鶉とウイキョウのアニョロッティ

 セコンドピアット

   …乳飲子羊のカチャトーラ、ローマ風

ドルチェ(やっぱり最後に写真撮るの忘れちゃいました)…①ヨーグルトのババロア・巨峰のコンポート添え ②バニラのジェラート・トリュフ仕立て ③ナポリ風ババと紅茶のソルベ

エスプレッソ×3

【ワイン】 

 左から

①フランチャコルタ'98 /カ・デル・ボスコ(1本)  ② バルベーラ・ダルバ/フラッテリ・チリューティー(グラス) ③ピアナ・デイ・サリーチ'02/バリオ・ディ・ピアネット(グラス)<メルロ100%> ④グラッパ・モスカート(ちょこっと)

 

リリアーナさんのお料理はとても上品でエレガント。素材の味を生かしたお料理でとても体に心地よく感じます。ボリュームも控えめで、女性にはとっても嬉しく、いつも最後のドルチェまでおいしくいただけます。

ワインは一緒にお食事したKよちゃん(女性)が私と同じ「超泡好き」なので実は最初に食前酒にフェッラーリを1杯ずつ飲んだにも関わらず、「やっぱりスプマンテ1本!」になっちゃいました。もう一人のKクちゃん(男性)はシニアソムリエの資格も持っているのにお酒が弱く、最初の2杯の後は苦しそうでした

サーヴィスの竹下さんもいつもとてもよくしてくださって感謝です! この方はとてもエレガントな素敵なサーヴィスをなさいます。 実は、國田シェフと竹下さんは私と同郷(福岡!)なので伺うたびに「九州系食材」がメニューに取り入れられていて嬉しくなっちゃいます いつかごいっしょに芋焼酎飲みたいですね~

 

帰りがけ、ダンナさんから電話が入っていたことに気づきました。「明日、何食べに行く?」 「・・・・」 そ、そうだよねぇ。仕事だもんねぇ。でもお目当てのがっつり系フレンチはやっぱり満席 もう1件はお休み なんだか思うようにいかず、不機嫌な感じでしたが、私だけ心地よく酔っ払って眠りについてしましました~


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 2

ぎーこ

どれも美味しそうですね。
特にアスパラとリコッタを詰めた花ズッキーニが食べてみたいです
ソムリエさんってすごいですね。
私は勉強するのが苦手で…食べる専門でよいです。
by ぎーこ (2006-07-17 00:44) 

フルート吹きのソムリエール

To ぎーこさん お返事遅れてごめんなさいっっっ
nice&コメントありがとうございます♪
ソムリエはちっともすごくないですよぉ。ぎーこさんの方がすごいですっ! ヴァイオリンがお仕事なんですね(^^)
またおいしいもの、おいしいワインをがんばってUPしますっ!
by フルート吹きのソムリエール (2006-07-25 17:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。